Syrinx

喉頭がん等で声帯を失った人の声を取り戻す福祉デバイス。デバイス内部のスピーカーから喉に振動を与えることで、ユーザーは口パクでの発声が可能となる。こういった原理の発声装置は過去20年デザインが変わっておらず、片手で喉に押し当てながら使わざるを得ない構造で、それにより生成される声もいかにも合成音声のような声であった。そこでSyrinxはデバイスを首に巻くデザインにしてハンズフリーに。また喉に与える振動に特殊な処理を加えることでより人間らしい声に近づけた。

本プロジェクトは東京大学の有志チームにて進められており、その中でメカ設計とデザインを担当した。

プロジェクトHP:https://syrinx.community

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s